農村ホームステイ7日間・スタディツアー説明会

AICAはカンボジアで農業支援と教育支援を行う国際協力NGOです。

まずはカンボジアに友達を作ってほしい!との思いで、9月に農村に

ホームステイするスタディツアーを企画しました。村に暮らしながら

カンボジアを旅してみたい方、異文化に身を置き様々な経験をしたい方

ぜひ一緒にカンボジアを楽しみましょう。日本語ができるカンボジア人

の運営する寺子屋でのボランティアも可能です。全日程日本人スタッフが

ご一緒しますので言葉の問題もなく安心です。ホームステイが心配な

女性も、日本人女性スタッフと同じ部屋にステイ可能です。

スタディツアーの内容はこちらから

http://aica-japan.com/news/1512

締め切りは、8月半ばまでお待ちできます。

まだ間に合いますのでぜひご相談にいらしてください。

 

日時:2013年7月27日(土)9:00~10:30

(10:30から12:00 ボランティアミーティング どなたでもご参加いただけます)

場所:JICA地球ひろば(市ヶ谷)セミナールーム203

http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

住所:〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5

電話:03-3269-2911

参加:無料

申込:不要ですが、事前にメールをいただけると資料準備上助かります。

(info☆aica-japan.com  ☆を@に変えてください。)

 

 

スタディツアーは現地集合です。安い航空券でしたら燃油等込総額4万円程度で

渡航可能です。

 

9月1日(日)朝、プノンペン市内のゴールデンゲートホテルロビーに

集合です。

同ホテルに8月31日から宿泊希望の方は当方で手配させていただきます。

(宿泊費15ドル 約1500円はご負担ください。)

空港からホテルまでの行き方は事前に説明させていただきます。

タクシーの運転手さんにお見せするホテルのカード、地図もお渡し

しますので安心です。

 

ホテルからカンダール州の村まで、カンダール州の村からプノンペン市内

までは当会が車両で送迎します(送迎費はツアー代金に含まれています)。

ご不明点はご遠慮なくお問い合わせください。

【7/31-8/13】子どもたちの笑顔展~カンボジアの農村からの報告~@大學堂

NPO法人AICAは、カンボジアで最貧困家庭の農業技術指導と教育普及を行う国際協力NGOです(http://aica-japan.com)。このたび「子どもたちの笑顔展~カンボジアの農村からの報告」と題し、カンボジアの子どもたちの笑顔や暮らしをお伝えする写真展を開催いたします。

 

会場の北九州市は水道技術をカンボジアに支援し、その成果は「プノンペンの奇跡」と呼ばれています。意外と身近な国、カンボジア。どんな国?どんな人?子どもたちは放課後何してるの?たくさんの笑顔がお待ちしています。

 

【日時】7/31(水)~8/13(火) 10時~17時

初日は7/31(水)18時より代表からカンボジアの農村について報告会を実施します。

 

【場所】大學堂(福岡県北九州市小倉北区魚町4丁目4-20 旦過市場(たんがいちば)大學堂080-6458-1184)アクセスマップhttp://www.daigakudo.net/map.html

 

【展示内容】 ◆写真展@大學堂2F(屋根裏博物館) ・カンボジアの農村の暮らし ・こどもの一日に密着 ・AICAの活動の紹介

◆初日7/31(水)18:00からカンボジアの暮らし報告会 代表の白川がカンボジアの写真をご紹介しながら村の様子をお話します。

◆絵本風スライドの上映@大學堂1F AICAオリジナル絵本風スライドの上映。

プロのチョークアート作家まつむらゆうこ氏による文絵、プロの声優による吹込み。

カンボジアの少年と精霊が主人公でカンボジアの農村の暮らしが描かれます。

(※日本語とカンボジア語での絵本製作を目指して募金中です。)

◆カンボジア雑貨の販売 シルクやコットンのスカーフ、ココヤシの殻でできた小物入れ等

◆カンボジアスタディツアーのご紹介

子どもの1日に密着する農村ホームステイ型スタディツアーのご紹介

http://aica-japan.com/news/1512

【7/19(金)】ムーブフェスタ2013にて活動紹介@北九州市

 

2013年7月19日(金)午後12時頃から福岡県北九州市の下記イベントで

活動紹介をさせていただけることになりました。

 

AICA代表によるスライドを使った活動紹介の他、写真パネルの展示、

カンボジアシルクやコットンなど雑貨の販売を行います。

活動紹介のほか、「NGO職員の人のワークライフバランスが聞きたい」とのリクエスト

により、これまでの私の働き方の変遷について少しだけご紹介させていただきます。

一人でも多くの方が「私にもできる」とボランティアを始めてくださったら嬉しいです。

市民一人ひとりが諸問題解決の主体であると感じ、考え、動くことが豊かな市民社会を

作ることにつながります。

そして豊かな市民社会の土壌が福島の危機をはじめ、国内及び国際的な諸問題を

解決する糸口になるのではないでしょうか。

 

イベント名:「わすれないふくしま」~東日本と世界 2013年の日本と世界をつなぐ

イベント主催:地球のステージチーム九州  協力:地球交友クラブ

日時:2013年7月19日(金)①10:00~12:30 ②18:00~20:00

(※AICAの活動紹介は1回目の映画上映の後12時頃から1回行います。

2回目の上映の後はありませんのでご注意ください)

会場:北九州市立男女共同参画センター5階大セミナールーム

映画の鑑賞は前売り・予約1000円、当日1300円 学生500円。

AICAの活動紹介は入場無料です。映画上映終了後お入りください。

【9/1-9/7】カンボジア農村ホームステイスタディツアー7日間募集開始

AICAはカンボジアの農村で農業技術指導と教育普及活動を実施しています。

カンボジアの農村にホームステイしながら学ぶスタディツアー7日間を実施します。

特に子どもの1日に密着する体験は人気で、子どもたちの暮らしがよくわかります。

ご希望者は子どもたちが夕方から勉強している村の寺子屋で英語や日本語を教えることができます。

村の人と農作業をしたり、困っていることに対してお手伝いをしたりすることで村の人と

関係を深めていきます。

「次に日本の人が来てくれるまで毎日勉強して待ってる!」

  カンボジアの美しい農村の小さな無料の塾で一生懸命日本語や英語を学んでいる子どもたちがいます。彼らは海外からのボランティアが来ない時期も、「また日本の人が来てくれたときにしゃべりたい!」と学校が終わった後に毎日勉強を続けています。 そんな彼らの一日を体験したり、語学を教えたり、一緒に遊んだり、カンボジアでのボランティア生活を体験ませんか?海外で子どもたちと一緒に何かを成し遂げたという実感、自信は一生の宝物になります。もう一度この子たちに会いたいと、あるツアーは約半数の方が再訪してくれました。

※AICAは2012年5月12日に、J-WAVE360°(東京のFM)に出演しました!

日程:9/1-9/7(7日間)

金額:7.6万円※期間内の食事、宿泊(ゲストハウス/ホームステイ)を含みます。(航空券代、ビザ代20$、食べ歩き、お土産代は含みません)最少実施人数5人。

現地集合:9/1の朝プノンペンのホテルに集合。

スタッフが全日程同行しますので言葉の心配はありません。

申込(振込)締切8月15日 

 

ツアー詳細チラシはこちら

 AICA2013年9月カンボジアスタディツアーご案内

 

☆過去の参加者の感想☆

「村の人たちがとても暖かく迎えてくれた」「子どもたちが積極的に勉強してくれて嬉しかった」「またこの子たちに会いに必ずこの村に来ます!」「英語が話せなくてもコミュニケーションできることが分かった」「子どもたちがみんな人懐っこくてずっとくっついてきてくれてアイドル気分でした」「英語塾の塾長さんにまた会いたい!」「カンボジアのトイレ体験が面白い。本当の暮らしを知ることができてとても良かったです」

過去の参加者(さとうあいりさん)の感想はこちら  http://aica-japan.com/news/1495

 

☆スタディツアー7つのポイント☆

子どもの一日に密着☆

語学講師ボランティア(希望者)

村のニーズに応じたお手伝い

農作業ボランティア(村人と交流)

農産加工品作り

カンボジアの家庭にホームステイ

カンボジアの歴史を学ぶ(キリングフィールド・トゥールスレン刑務所見学)

 

★ほかのスタディツアーとの違いは?★

一つの村にじっくりステイして友達を作ることができる。

現地係員ではなく、日本人スタッフが全日程ご一緒するので安心。

いざというときも日本語の通じる病院へ搬送できる体制を整えています。

普通の観光ではいけない村に滞在してカンボジアに暮らすように旅することができる。

事前の勉強会、安全研修会があり(参加は任意)、メンバーとの顔合わせができる。

勉強会ではカンボジア語も無料で学ぶことができ、ホームステイや子どもたちとの交流も大満喫。

参加するだけでAICAの実施する最貧困家庭の農業技術指導と教育普及をサポートできる。

7日間の日程は移動日を含まないので実質活動期間が7日間!

 

プログラム内容詳細Q&A

Q1 現地集合とは?  9月1日にカンボジア市内のゴールデンゲートホテルの新館ロビーに7時に集合します。

そのため同ホテルに前泊をご希望の方は当会が手配させていただきます。前泊分の実費15ドル(約1500円)は参加者負担ですので、現地でホテル(または日本人スタッフ)にお支払ください。もっと格安のホテルをご自身で手配されて、現地集合することも可能ですが市内は朝渋滞することもあり、ゴールデンゲートホテルの宿泊をお勧めしています。ゴールデンゲートホテルでよろしければ当会にて宿泊手配をさせていただきます(満室の場合もありますのでお早めにお申し込みください)。8月31日夜までにプノンペン市内に到着されてください。エアチケットは格安で2万円程度からあります。

Q2 空港から市内のホテルまでどのように行けばよいですか?

プノンペンの空港に到着されたらエアポートタクシーをご利用ください。市内まで一律9ドル(約900円。参加者自己負担)です。値段の書いた紙を事前にもらい、ホテルについたら支払います。タクシーの運転手さんに「ゴールデンゲートホテル」と告げればわかってもらえます。ご不安な方のために、タクシーの運転手さんに見せるホテルのカードや地図も事前にお渡しします。

Q3 ホテルからホームステイ先の村までの交通はどうなりますか?

続きを読む