【メディア出演】J-WAVEに代表が出演しました。

Pocket

本日、5月12日(土)13:45~55、
J-WAVE 360° (スリーシックスティ)にAICA代表の白川が出演させていただきました。
アンドレアさんのインタビューにそって、AICAの活動をご紹介しました。
放送を聞いた会員の方から「聴きました。AICAの活動が分かりやすく伝わったと思います」とご連絡いただいたり、ずいぶん前の知人が放送を聞いて応援メールをくださいました。

※※※※※※※※※以下、番組ホームページより※※※※※※※※※
http://www.j-wave.co.jp/original/360/volunteer/

カンボジアの人々の生活向上に尽力する白川麗子さん

カンボジアの農村地帯で農業支援、教育支援を通じ、現地の貧困地域で暮らす人々の生活向上に尽力する特定非営利活動法人AICA代表、白川麗子さんにコールイン。継続可能な支援を行うための秘訣とは?

<<お話から>>

AICAはカンボジアの農村地域で最貧困の世帯を対象に農業技術の指導と教育の普及の活動を行なっています。

農業指導では野菜の育て方や家畜の飼い方、鳥小屋づくり、そして落ち葉や動物のフンなどの身近なものを利用した肥料の作り方を指導しています。また同じ苗でも植え方を変えるだけで収穫量が2倍になるSRI(幼苗一本植)という方法も教えています。
農業指導を行うことは農業の効率を上げて収穫量を増やすことにつながり、その結果子供に教育を受けさせることにつながります。

政府の発表では初等教育の就学率は9割を超えていますが、実際には登録されていない子供たちがいたり、実際に子供に聞いてみると「全然行っていない」という話も聞きます。政府も頑張っているが、政府ができないところをAICAのようなNGOがサポートしている状況です。

次の目標としては隣の州の30の村で活動を始めたいと思っています。これが総額380万円くらいのプロジェクトなのです。300世帯を対象に行うので、一世帯あたり1万2000円くらいの支援になります。ぜひご支援をお願いします。さらに大きな目標としてはカンボジアには500万人の貧困者がいると言われていますが、活動で培ったノウハウを広げることで、すべての人達に学校に行ってもらって、豊かになってもらいたいなと思っています。