国内事業 活動記録

Pocket

◆2013年度(2013年4月1日~2014年3月31日)

・イベント出展、活動紹介

4月20日、21日:アースデイ東京2013

6月27日:北九州市民活動サポートセンターのプログラムで活動紹介

「国際協力と国際交流」 ~世界に目を向けるとわかること~

7月5~7日:ユナイテッドピープル映画祭に活動紹介ブース出展

7月19日:男女共同参画センターのムーブフェスタで活動紹介とワークライフバランスについて

7月31日~8月13日:子どもたちの笑顔展~カンボジアの農村からの報告(主催:AICA)

(北九州市の大學堂の屋根裏博物館にて2週間の写真展)

10月13日:黒崎宿国際交流文化祭にてカンボジアカフェ「オークン」の出店

10月26日、27日:みやこ町犀川おらが町に来て見てギャラリーにて写真パネル展示と活動紹介

(豊の会様の展示スペースにて)

10月~11月:北九州国際交流団体ネットワーク活動紹介パネル展にパネル展示

12月4日:つながっちゃらん!~わかちあいのヒト・モノ・ココロと題する多文化共生講座にて

パネリストとして活動紹介とワークライフバランスについて

 

・カンボジア理解講座、環境勉強会

8月、1月クメール語レッスン、

10月から3月までスタディツアー参加者とカンボジアと環境についての勉強会を実施

公害についての啓発パネルの製作(和文、英文)、現地でのレクチャー内容の検討、教材の製作を実施。

勉強会日程2013年11月18日、29日、12月 3日、10日、17日、2014年1月7日、14日、21日、29日(風呂敷勉強会)、3月 10日、11日、12日、13日、14日

・人材育成:Project Based Learning プログラム(以下PBLプログラム)

2012年度はNGOの職員の仕事を体験する研修プログラムを実施したが、2013年度はさらに深化した学びのプログラムを実施した。国際協力を学ぶ学生を対象に、カンボジアでのプロジェクトを実施しながら、コミュニケーション能力や課題解決力を身に着けてもらうプログラムを実施した。具体的には環境教育をカンボジアの寺子屋で学生等が行うプログラムである。

・メディア

ラジオ出演:9/15 FMKITAQ「エココロウインド」1時間の生放送に代表が出演

ラジオ放送:7/28  crossfmにてAICAの活動が取り上げられ、録音した代表の声が放送された。

新聞掲載4回:写真展の紹介記事 (毎日新聞、読売新聞、西日本新聞)

環境教育ツアーの記事(毎日新聞)いずれも北九州版

・カンボジア語メッセージプログラム 

カンボジア語でカンボジアの子どもたちにメッセージを送る。参加者はメッセージを持っている写真を子どもたちに届ける。受け取った子の写真を参加者に返送。寄付が誰に届いたのか顔が見える取組。2012年度の参加者の中には翌年もイベントを再訪してくださり、本プログラムのリピーターになった方もいた。

・絵本風スライドの完成

チョークアート作家のご協力を得て、カンボジアとAICAの活動が分かるスライドが完成した。

セリフの吹込みはプロの声優の皆様のご協力をいただくことができました。感謝申し上げます。

・絵本の製作

カンボジア語、日本語併記の絵本を製作した。(印刷は2014年度)

→2015年、印刷が完成しました。詳細はこちらをご覧ください。

・他機関との連携

北九州国際交流ネットワーク加盟、北九州NPO研究会に加盟し情報交換を行った。

北九州市のカンボジアに対する水道技術支援への協力

北九州市で受け入れているカンボジア人研修生と日本企業の懇親会の補佐(5/13)

・カンボジア語通訳アレンジ(日本国内でのニーズに対応)

JICEからの要請でカンボジア人の来日時(3月)にホームヴィジット受入 

・在日カンボジア人家族の支援

北九州市の医療機関からの要請でカンボジア語しか話せない家族の入院時と退院後に通訳、翻訳アレンジ

・国際協力を学ぶ学生団体との関係構築

アースデイのボランティア、スタディツアーへの参加、その後のご寄付等関係を継続することができた。

 

◆2012年度(2012年4月1日~2013年3月31日)

・イベント出展

4月:アースデイ東京2012

10月:高見市民センター祭で写真パネル展示他

 

・活動紹介及びスタディツアー説明会多数

JICA地球ひろば、北九州市立大学、北九州市民活動サポートセンター等

・カンボジア理解講座

5月北九州市高見市民センターの環境講座で活動紹介

8月、1月クメール語レッスン

・メディア

ラジオ出演:5/12JWAVEに代表が出演しAICAの活動を紹介した。

アースデイではネット動画ニュースの取材を受けた。

・カンボジア語メッセージプログラム 

カンボジア語でカンボジアの子どもたちにメッセージを送る。参加者はメッセージを持っている写真を子どもたちに届ける。受け取った子の写真を参加者に返送。寄付が誰に届いたのか顔が見える取組。2012年度の参加者の中には翌年もイベントを再訪してくださり、本プログラムのリピーターになった方もいた。

 

・絵本風スライドの制作

・NPO法人として認定

4月16日、NPO法人として東京都より認定を受けた。

・他機関との連携

北九州国際交流ネットワーク加盟、北九州NPO研究会に加盟し情報交換を行った。

 

・国際協力を学ぶ学生団体との関係構築

アースデイのボランティア、スタディツアーへの参加、その後のご寄付等関係を継続することができた。