エコセンターの開設と環境教育

Pocket

AICAでは、環境によい農業を最貧困層に支援するだけでなく、これまでスタディツアーでお世話になってきた現地NGO、CIFTOの一角をエコセンターとして整備し、そこを訪れるカンボジアの村の子どもたちと外国人がともに環境や村の良さを学び合える場としたいと考えています。

【エコセンターの開設・環境啓発パネルの掲示】

エコセンターの開設。

エコセンターの開設。

今回は村の若者や子どもたちと一緒に看板作りをして、カンボジア語、日本語、英語表記の環境啓発パネル(テーマは公害問題)を掲示しました。

子どもたち、村の若者と日本人ボランティアが一緒にエコセンターの看板作り。

子どもたち、村の若者と日本人ボランティアが一緒にエコセンターの看板作り。

環境啓発パネルを展示。カンボジア語、日本語、英語表記。今回のパネルテーマは公害。

環境啓発パネルを展示。カンボジア語、日本語、英語表記。今回のパネルテーマは公害。

みんなで力を合わせたエコセンター看板作り写真集もご覧ください。

両国の伝統的な生活の見直し

2013年9月に現地を訪問した日本人ボランティアがゴミの問題を取り上げたいという気持ちを持っていたので、ゴミ問題に取り組みました。

ゴミを減らすために、両国の伝統的なライフスタイルを見直すことを目的として、日本の風呂敷とカンボジアの万能布、クロマーの使い方を学び合いました。

カンボジアの万能布の使い方講座。日本からは風呂敷を伝える。

カンボジアの万能布の使い方講座。日本からは風呂敷を伝える。

ゴミ拾いレースと分別

また、ゴミのポイ捨てが当たり前の村で、子どもたちと一緒にゴミ拾いレース活動をしました。ゴミの分別についてもレクチャーをしました。

日本人ボランティアによる風呂敷講座。日本でプロの和装講師から教えていただいた。

日本人ボランティアによる風呂敷講座。日本でプロの和装講師から教えていただいた。

村の良いところ探し

また、村の良いところに気付き、そこを守っていきたいと思ってもらえるよう、「村の良いところ探し」を実施しました。カンボジアの村の若者たちと日本人ボランティアの混合チーム2チームに分かれて、村の良いところを探して、ポラロイドカメラで写真を撮り発表しました。写真は模造紙の地図に貼付してセンターに掲示しました。

カンボジアの村の青年たちと日本人ボランティアがそれぞれ良いと思ったところを発表しあい、議論。

カンボジアの村の青年たちと日本人ボランティアがそれぞれ良いと思ったところを発表しあい、議論。

【日程】

●日程(宿泊は村の民家にホームステイ)

2014年3月19日

・トゥールスレン刑務所、キリングフィールド、

The Cambodia Trust(義足づくり工房)を見学

・オーチュン村に到着

・現地寺子屋NGO、CIFTOの代表)と打ち合わせ

3月20日

・クロマー(カンボジアの万能布)、風呂敷の使い方をカンボジア人、日本人お互いに学び合う

・CIFTOの子どもたちとの交流

・エコセンターの看板作り

3月21日

・ゴミ拾いレース・エコセンターの看板作り

3月22日

・村の良いところ探し・意見交換

・エコセンターの看板作り

3月23日

・村の良いところ探しで前日に訪れたところを再訪

・地図作り(よいところを村地図に記入し写真貼付)

3月24日

・日本食で御礼の会・分別用のゴミ箱の贈呈

・エコセンターの看板設置