東北地方太平洋沖大震災への対応について

Pocket

この度の東北地方太平洋沖大地震におきまして、被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた多くの方々のご冥福を深くお祈り申し上げます。

AICA代表の白川は、4月より東京に参りまして、認定NPO法人パレスチナ子どものキャンペーン(CCP)(http://ccp-ngo.jp/)の一員として、東北子ども支援を行います。

CCPの東北支援関連のブログはこちらです(http://ameblo.jp/ccp-tohoku/)CCPは長年パレスチナへの支援を行っており、緊急時の人道支援経験も豊富で、信頼できる団体です。今回もいち早く現場に入ってすでに緊急支援物資の配布を行っています。

代表白川

「AICAはカンボジアで農村開発、教育普及を行う団体ですが、このたびの大震災による未曽有の危機を受け、微力ながら東北支援を行うことといたしました。

震災後にカンボジア出張に参りました折(3/13-3/19)には、多くのカンボジアの方々にお見舞いの言葉をいただきました。また、カンボジア政府からも日本へお見舞金が寄せられており、相互に依存する国際社会を実感いたします。

そのため、カンボジアへの支援も引き続き継続して参ります。東北支援と合わせまして、カンボジアでの事業実施に向け、一歩一歩できることを実施して参りますので、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。」

義援金の受付を開始しました。
皆様のご協力をお待ち申し上げております。