ノウハウを村に残す~村落普及員の育成開始~

AICAの事業の成功のカギは、各村の普及員が握っています。

彼らが優秀でやる気を持って自分の村の最貧困世帯をサポートしてくれれば、多くの最貧困世帯が農業技術を習得し、生活を向上させることができます。

2014年2月から普及員の育成が始まりました。

各村に1人の普及員を集めてAICA現地スタッフが月次トレーニングを実施。普及員から最貧困世帯へ技術を伝えます。

◆村に残すノウハウ◆ 農業技術は、スタッフが村の普及員に伝え、普及員が対象家族に伝えます。普及員は、対象村の中に住んでいる農業が得意なカンボジアの方です。この方法をとることで、事業が終了した後も村の中にノウハウが残り、対象家族が不安に思った時に相談できる相手がずっとそばに居続けることになります。

◆対象家族自身が実践せざるを得ない仕組み◆ スタッフ一人が約300世帯を受け持ちますので、全ての対象家族を手取り足取りスタッフが教えることはできません。村の普及員が教えます。手取り足取り教えてしまうと、対象家族の心に「あの人がまた来てやってくれる」と依存心が生まれてしまいます。そしてある日事業が終わりスタッフが来なくなると、自分でどうしたらいいか分からないことがでてきても、頼れる人はそばにいなくなってしまうのです。しかし、本事業では、すべて対象家族自らが習ったことを実践して習得していきます。村の普及員は、対象家族を見回って問題がないか確認し、アドバイスを行います。

◆身近なモデル(村の普及員)がやる気を支える◆ 一般に、最貧困層はやる気がない、彼らをやる気にさせるのは大変難しいと言われていますが、本事業では、厳しい最貧困の基準を満たした世帯だけを選定して、その困難に挑戦しています。この困難を成功させる要因の一つは、同じ村に住んでいる普及員が新しい農業技術を習得して、実際にコメの生産量が倍増したり、野菜が元気に育つようになるのを目の当たりにし、最貧困世帯の人々もやる気になる点にあると考えています。

■技術を最貧困層に伝えるまでの流れと役割

AICAの現地スタッフは、月に1回、村落普及員を集めてトレーニングを行う。

普及員たちは自分の村の最貧困の対象世帯に学んだことを集団研修で伝える。

普及員は月に2回対象世帯を訪問して、対象世帯が学んだ技術を適切に実施しているか、技術のフォローや、進捗データの記録を行う。

AICAの現地スタッフは、毎月1回全ての対象世帯の家庭を訪問し、普及員の指導や進捗データが正確か、確認する。

AICAの日本人スタッフは3か月に1度現地を訪問し、AICAの現地スタッフが正しく指導、管理を行えているか確認する。

研修内容は、農業技術だけにとどまらず、最貧困世帯の動機づけやコミュニケーションの方法もアドバイスを行います。この日はみんなで集まれる研修場所としてお寺をお借りしました。

続きを読む

エコモデル村を目指して~区長との話し合い

AICAでは、エコセンターを開設したオーチュン村を含むコッカエル市が地区としてエコモデル地区になる可能性を検討しています。パートナーNGOは現地で有機栽培を行い、バイオガスを設置し、ソーラークッカー試作などに積極的です。しかし、現地の人々の考えが最も重要であり、まずは市長との懇談をもち、お考えを聞いて参りました。

■オーチュン村を含むコッカエル区長と地域の発展と環境についての会議

実施日:2013年12月20日

参加者:エアン ドル氏  (コッカエル区長)

ヴォン クーン氏  (コッカエル副区長)

現地CIFTO代表

AICA現地スタッフ

AICA代表白川

場所:オーチュン村の飲食店

会議の内容

会合の様子

■オーチュン村を含むコッカエル地区の発展について

この村の発展については、まだよい考えが思い浮かばない。

野菜を植えても、別のところがもっといい野菜を植える。

カンボジアの野菜より、ベトナムの野菜の方がいい。

化学肥料と農薬をたくさん使うからカンボジアの野菜より綺麗。

オーガニック野菜はもっと高値で売れる。作り方もそうだが、虫を防ぐ方法が大切。

オーガニック野菜は売りにくいという問題がある。

たくさんの人がオーガニック野菜を作っていたら売りやすくなる。

■販売価格について

この地域は米やトウモロコシの生産も多いが、仲買人に販売しており価格が不安定。

お金がない人は安くても即金がほしくて低価格で売ってしまう。

お金に余裕がある人は、良い値段で買ってくれる人が来るまで待つことができるので結果として高値で販売することができる。

貧しい人はいつまでたっても貧しい。

■共同販売グループに関する意見

グループを作って赤字になると困る。

プノンペンで売ることになるだろう。

■オーガニック野菜の販売について ~マーケット情報がほしい・PRも必要~

カンボジア人は化学肥料や農薬がよくないことは知っている。

病気の患者が多い。オーガニック野菜を食べたら体にいいことはわかっている。

オーガニック野菜を買いたいがどこで売られているか分からない。

情報がない。だから、販売するためにはまずは市場で広報をする必要がある。

ダンコ市場に看板を作ったり、プノンペンにオーガニック売り場を作れば、買いたい人は、私たちの村が作るオーガニック野菜を探しやすいだろう。

何人かはプノンペンに野菜を売りに行っているが、農民は忙しくてマーケット情報を集められない。

AICAが協力してくれたらありがたい。

プノンペンの某団体のオーガニックショップには行ったことがある。

今年の8月に行った。

続きを読む

【12/4】多文化共生講座で活動紹介をしました

 

 

 

 

 

2013年12月4日(水)10:00~12:00 つながっちゃらん!~わかちあいのヒト・モノ・ココロ と題する多文化共生講座でAICAの活動などのお話をさせていただきました。

会場:八幡西生涯学習総合センター(JR黒崎駅下車1分 コムシティ3階) 八幡西市民アカデミー事業「かがやき塾」運営委員会主催

緑々(あおあお)の宮下みどり様と当会代表の白川がパネリストとしてお話をさせていただきました。 ファシリテーターは福岡教育大学非常勤講師の佐藤倫子様

当日は、4人程度のグループを作って、自己紹介をしてからパネリストのお話。 それを聞いた後は、関心のあったことや質問などを参加者が話し合って、 ファシリテーターの佐藤さんが取りまとめてくださいました。

ワークライフバランスのお話も、ということでこの活動を支えてくれている 家族のことについても質問が出てきて、和気あいあいとした雰囲気で お話が進みました。

たくさんの質問をしていただき、充実した活動紹介になりました。 お世話になりました皆様、ありがとうございました。 続きを読む

第3回環境ボランティア勉強会(お知らせ)

AICAの環境ボランティアツアーは、まだまだ12月末まで 参加者を募集しています。すでに参加を決めている学生が いますので、そのメンバーを中心に勉強会をしています。 参加を迷っている方は、遊びに来てください。

次回は12月3日(火)18時~@北九州市立大学学生交流スペース(通称ホワイトハウス)

☆発表者のテーマ☆ 柳川水路維持の歴史 河川の汚染 ゴミ問題 農薬被害 大気汚染

参加者はA4用紙1枚以上のレポートにして7部印刷してきてください。 最終的に事前勉強会のレポートを勉強会資料としてまとめます。

人数が集まれば、福岡近郊でも説明会や勉強会を開催させていただきます。 遠方の方はご相談ください。勉強会に参加できなくても環境ボランティアツアーには ご参加いただけます。コアメンバーとしてより深くかかわり、プロジェクト運営そのものや 環境について学びたい学生が中心に勉強しています。

お問い合わせは、AICA事務局 info☆aica-japan.com(☆を@に変えてください。)

第2回環境ボランティア勉強会(報告)

2013年11月29日(金)北九州市立大学 学生交流スペースにて 環境ボランティアツアーの勉強会を実施しました。

今回は前回の勉強会に出席できなかった学生メンバーが4人。 代表の白川からAICAの基本的なスタンスを伝え、 環境ボランティアツアーがAICAのプロジェクト全体で どこに位置づけられ、どのような姿勢で取り組んでいきたいか 伝えました。そのあとは、みなさんの関心を発表しあい、 次回の勉強会までのリサーチ内容を決定しました。

次回に参加できるメンバーが選んだテーマは下記の2つ。 大気汚染と農薬被害。 前回のメンバーが選んだテーマは下記の3つ。 柳川水路維持の歴史、 河川の汚染(工場排水と家庭排水) ゴミ問題。

[次回勉強会に参加される皆様へ] 各自の選んだテーマをA4用紙1枚以上のレポートにまとめて、 7部プリントアウトしてきてください。

※勉強会は、任意ですので参加できなくても心配いりません。 ボランティアツアーに参加を希望するけれども時間が取れない、 遠くに住んでいるなどの事情がある方は、現地でコアメンバーの サポートをしてください。 遠方だけど自分で実践してみたい方は、スカイプなどで相談しながら準備を進める予定です。

現地行政との連携:カンダールストゥン市と事業地選定の協議

AICAは、2013年10月カンダール州のカンダールストゥン市の市長を訪問し、事業地の選定について協議しました。

カンダールストゥン市長とAICA代表白川

カンダールストゥン市の職員(目の病気のためサングラスをしている)

JICAの灌漑設備があるエリア(比較的裕福)や、他の援助が入っている地域を除外しました。

カンダールストゥン市に提示された候補地を、AICA現地スタッフが調査します。最貧困世帯数や普及員となりうる人材などの条件に合致する村を対象村として選定します。

第1回環境ボランティア勉強会(報告)

2013年11月18日(月)、10時半から1時半まで

第1回環境ボランティア勉強会を実施しました。

この勉強会は、2014年の環境ボランティアツアーの参加者が対象です。

現時点での参加者が全員北九州市立大学の学生だったので

同大学の交流スペースで勉強会を実施させていただきました。

 

内容は下記のとおりです。

1.AICA事業全体における環境ボランティアツアーの位置づけ

2.環境教育を行ううえで大切にしたい姿勢

3.参加者へのアンケートに基づく勉強会

環境の専門家のご協力を得て、参加者の関心に応じた情報提供、

問題提起を行いました。

 

AICAの方針について理解を深めてもらうほか

環境を考えるうえでのヒントがたくさん得られました。

参加者は互いに問題意識や、カンボジアへの思いを共有し、

刺激を受けたとのことでした。

 

ランチを食べた後、専門家のファシリテーションのもと、

それぞれの関心に応じてリサーチのテーマを決めました。

次回の勉強会は12月3日、午後6時から北九州市立大学で実施します。

(他のエリアの参加者が増えたら勉強会の会場は最も多くの方が

参加できるように工夫いたします。遠方の方はメールやスカイプミーティングで

ご参加いただきたいと考えています。)

 

勉強会への参加は任意です。AICAの環境ボランティアツアーは

「教えるために私たちがたくさん学び、カンボジアからも学ばせてもらう」ことを

重視していますので、AICAも勉強会の過程で団体として参加者と一緒に学びを深めて

いきたいと思います。

 

環境ボランティアツアーは12月末日まで受け付けています。

随時説明会を行い、勉強会に参加していただくことが可能です。

【2014年3月】環境ボランティアツアー 募集中

AICAはカンボジアの農村で農業技術指導と教育普及活動を実施しています。

急速な経済発展が進むカンボジア。農村部との広がる格差。カンボジアの農村で暮らし、現地の人々と環境について学び、持続可能な発展について考えませんか?村人や子どもたちとの交流は一生の宝物!

2014/3/19-3/22(4日間)7万円

2014/3/19-3/24(6日間)7.8万円

旅行形態:個人旅行

※【スタディーツアー参加者の声】 佐藤愛理さん 2012年8月ご参加

現地集合:3/19の朝プノンペンのゴールデンゲートホテルに集合

集合から解散まではスタッフが同行しますので言葉の心配はありません。

申込(振込)締切12月31日

 

日程:

3/19 キリングフィールド、トゥールスレン刑務所夕方から村へ(現地NGOの宿舎かホームステイ)

3/20 子どもたちの作文コンテスト表彰式 /環境研修

3/21 エコセンターづくり(環境啓発パネルの展示)/環境研修

3/22 エコセンターづくり(センターの看板製作)/環境研修

3/23 太陽熱調理器の製作/村人とのディスカッション

3/24 ディスカッションに基づいて具体的な活動をする日!

(村の人と話し合って必要とされている活動を実践☆)

 

☆6つのポイント☆

・NGOの環境教育事業の一環です。研修プロジェクト運営を学べます!

・エコセンターを作ろう!

・村の子どもたちとの交流☆表彰式で手作りプレゼントを渡そう☆

・環境教育研修の先生になろう

(事前相談あり。ご提案いただいた研修内容については現地駐在の日本人がアドバイスします。)

・研修の準備が難しい方は見学OK

・カンボジアの歴史を学ぶ、トゥールスレンやキリングフィールド。

 

☆ご一緒させていただくスタッフより☆

環境問題の解決には途上国だけでなく私たち先進国の努力も不可欠です。教えるためにたくさん学んでからカンボジアに

行き、村の人たちと一緒に考える旅にしたいと思います。ご参加お待ちしております。

 

AICA 2013年カンボジアボランティアツアー 詳細Q&A

Q1 現地集合とは?  3月19日朝7時にカンボジアのプノンペン市内のゴールデンゲートホテルの新館ロビーに集合します。そのため同ホテルに前泊をご希望の方は当会が手配させていただきます。前泊分の実費15ドル(約1500円)は参加者負担ですので、現地でホテル(または日本人スタッフ)にお支払ください。もっと格安のホテルをご自身で手配されて、現地集合することも可能ですが市内は朝渋滞することもあり、ゴールデンゲートホテルの宿泊をお勧めしています。同ホテルでよろしければ当会にて宿泊手配をさせていただきます(満室の場合もありますのでお早めにお申し込みください)。3月18日夜までにプノンペン市内に到着されてください。航空券は格安で2万円程度からあります。航空券の手配が不安な方はご相談ください。

Q2 空港-現地集合・解散場所の交通は?

プノンペンの空港に到着されたらエアポートタクシーをご利用ください。市内まで一律9ドル(約900円。参加者自己負担)です。タクシーの運転手さんに「ゴールデンゲートホテル」と告げればわかってもらえます。ご不安な方のために、タクシーの運転手さんに見せるホテルのカードや地図も事前にお渡しします。

帰国する際はゴールデンゲートホテルに空港へのタクシー(15ドル=約1500円前後)を依頼できます。タクシー代は自己負担ですが他の参加者と時間を合わせて同乗したりみなさん負担を少なくして帰られます。

Q3 現地集合&解散場所のホテルと、ホームステイ先の村の交通はどうなりますか?

当会の手配した専用車で移動します。車両レンタル費、ガソリンなどは全て参加費に含まれます。

続きを読む

【新聞3紙に掲載】毎日、読売、西日本新聞に掲載いただきました。

2013年夏の写真展につき、毎日新聞、読売新聞、西日本新聞(掲載日順)にご掲載いただきました。

ありがとうございました。

下記ページより記事をご覧いただけます。

http://aica-japan.com/%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e6%8e%b2%e8%bc%89%e7%ad%89

【9/15】ラジオ番組出演(放送時の動画をアップしました)

9/15(日) 夜8時から9時、FMKITAQ「エココロウインド」に

当会代表の白川が出演させていただきました。

内容を下記から視聴いただけます(スマートフォンからは視聴いただけないようです)。

http://www.ustream.tv/recorded/38789221

●出演日時 9月15日(日)夜8時~9時。

●当日の放送時のお話の内容と動画を上記URLからご視聴いただけます。

ただし、CMと音楽を流している間は、無音となりますので飛ばしてご覧ください。