アースデイ東京2012に出展しました

アースデイ東京2012出展のご報告

 

東京では初のイベント出展

AICAは、2012年4月21日(土)と22日(日)、アースデイ東京2012に出展しました。

ご来場いただきました皆様誠にありがとうございました。当会のブースにも多くの方が来てくださって、カンボジア語を書く人、展示を観る人、説明する人で、テントひとつを十分に使った場所でも、入りきれない時間帯もありました。      

展示

ブースでは、コベネフィットアプローチについて展示しました。コベネフィットとは、環境と開発の両方にメリットがある一石二鳥のアプローチです。

そして、AICAのカンボジアでの最貧困家庭への農業技術支援や、教育普及事業についても写真パネルを使って展示、ご紹介しました。

皆さんブースの中にはいって、じっくりとパネルを読んでくださったのが本当に嬉しかったです。      

取材

テレビ局、ラジオ局、インターネットマガジンの製作者など多くの発信者が取材に来てくださいました。ありがとうございました。

J-WAVE 360° (スリーシックスティ)という番組でご紹介いただける予定です。放送の日時が決まりましたらお知らせいたします(写真はテレビ局の撮影風景)。            

カンボジア語でメッセージを送ろうキャンペーン実施 ~65名が協力してくれました!

AICAの対象家族の子どものうち、学校に行っていない子どもに「勉強頑張ってね」というカンボジア語でのメッセージを書いてもらい、現地に直接お届けする企画を実施しました。

プログラム参加費は、子ども1人分の支援になります。どの子どもを支援しているのか、顔が分かるプログラムです。事業終了後も成果がずっと続いていくよう工夫されたAICAの事業に賛同してくださった皆さんがご協力くださいました。

当日は、KIDS歓迎ブースとして赤い旗を立てさせていただき、たくさんの子どもたちも参加してくれました。福島からの小学生グループも訪問してくれました。

カンボジア(クメール)文字に親しむ異文化体験

「これ、なんて読むんですか?」 「コムリエンナーと読みます。勉強がんばってねーという意味なんです」 「カンボジア語って表音文字ですか?」 「そうですよ。」「へぇ韓国のハングルに似ていますね」 「どこからどこまでが一文字ですか?」 「これが子音で、これが母音なんですよ」といったお話をしながら、普段触れることのないカンボジア文字に皆さん興味深々で取り組んでくださいました。

「読みたいと思わせる字じゃないと」とカラフルに丁寧に書いてくださる方、デザインを工夫してくださる方、みなさんそれぞれ気持ちを込めていただけました。

「難しいですね!」とおっしゃる方もいましたが、カンボジアの子どもたちにとっても、カンボジア語を覚えるのは難しいようです。

 

KID’sは体験重視 ~子どものメッセージ参加者は40人~

大人の参加者には、プログラム参加費をいただき、支援者となっていただきましたが、子どもたちには無料で参加してもらいました。同じ子どもでも学校に通うことができない子がいるカンボジアに思いをはせて、文字に触れるという「体験」を重視したためです。

(会場でもご説明申し上げましたが、中学生以下の参加者の皆様には、メッセージを受け取ったカンボジアの子どもの写真の郵送はしていませんのでご了承くださいませ。)           続きを読む

アースデイに出展します

NPO法人AICAは、カンボジアで農業技術指導や教育普及を行う国際協力NGOです。

4/21,22  (土、日) は、東京の代々木公園でアースデイ東京2012に参加いたします。 イベント広場のエリアに出展しています。ぜひお越しください。

展示・プログラム内容

【体験型企画】 ・カンボジアの子どもたちにカンボジア語でメッセージを送ろう!1000人の架け橋キャンペーン

【プレゼントいっぱい】 ・募金にご協力くださった方には、AICAオリジナルポストカードor 野菜や花の種or論文「コベネフィット型開発の可能性―ソーラークッカーを例として」をプレゼント!

【持ってきてください】 ・会場では、書き損じハガキと裏紙(裏が白くて、折れ曲がっていないA4用紙)を集めています。ご協力いただける方はブースに置いてあるボックスに入れてください。

【アースデイ展示】 ・AICAの活動紹介(写真パネル多数) ・AICAの特徴って? ・コベネフィットとは? -環境と開発の両方にメリットのある、AICAの一石二鳥プロジェクト― ・なぜコベネフィットが必要? 何が問題? カンボジアの貧困と環境、どういう関係があるの? ・学校が近くにあるのに通えないってどういうこと? ・EM菌とは? ・SRIとは?

【OMAKE】 なんでやねん企画 「九州男児」

【アースデイが終わったあとも、できることを続けよう】 ・「みんなでワイワイ ― 手仕事ボランティア」

会場でお会いできるのを楽しみにしています。

【急募】4月21・22日(土・日)アースデイ東京でのボランティア募集!

AICAは、4月21・22日に代々木公園で開催されるアースデイ東京に出展いたします。 そこで、当日お手伝いくださるボランティアを募集いたします。

【場所】代々木公園 【出展内容】  ① AICAの活動紹介  ② カンボジア語メッセージプログラム

【ボランティア内容】 みなさまには、主にブースへの来場者の誘導や、カンボジアの子ども達にカンボジア語でメッセージを書く際の説明や紹介をお願いしたいと考えています。

また、事前の説明会や、準備ボランティアにもご協力いただける方は、こちらにご参加ください。(ご都合がつかない方は、アースデイ東京当日だけのご参加も全く問題ありません) どうぞよろしくお願いします。

ご参加いただける方は、件名を「アースデイ当日ボランティア」として   1)お名前 2)参加日時 (参加可能な日と時間帯に○を付けてください) (数時間しかご都合がつかない方も歓迎です。その旨ご記載ください。)   21日(土)午前:   21日(土)午後:   22日(日)午前:   22日(日)午後: 3)メールアドレス   をご記入の上、info(a)aica-japn.comまでご連絡ください。 ((a)を@に変えてください。)   よろしくお願いいたします。

【10/9(日)】カンボジアフェスティバル(京都)に出展します

【日時】10月9日(日)10時~17時 梅小路公園  中央広場【住所: 京都市下区上中之町1-3】 カンボジアフェスティバルのブログ

このイベントは、当会のメンバーの方が企画、運営に関わってらして AICAも参加しませんかと声をかけてくださいました。

各地にご支援くださる方がいるのは、とっても心強く嬉しいです。 関西でも一人でも多くの方にAICAをご支援いただきたく、活動紹介を行って参ります。 (交通費、参加費等は個人負担です。)

初イベントなので展示品の準備などでこれから少し忙しくなりそうです。

当日は、カンボジアのフォトショー、トークショー、チャリティコンサートなどが 行われる予定です。カンボジア料理コーナーも、カンボジアへ行った気分になれそうで楽しみです。

京都がお近くの皆様もそうでない皆様も、秋の3連休の真ん中ですので、

ぜひ10月9日(日)は、カンボジアフェスティバルへお越しください。

その他、各地でも「こんなイベントに出展したい」「してみたら?」という

ご希望、ご提案がありましたらぜひお声をかけてください。

できる限り参加させていただきたいと存じます。